健康食品OEMなら日本タブレット 確かな製造技術でお客様の理想を形にします。

会社概要

会社名 日本タブレット株式会社
設立 1973年(昭和48年)8月
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長  宮本 和昭
主な業務内容 健康機能食品(健康食品、栄養機能食品、特定保健用食品等)の
受託製造及研究開発
従業員数 150名
決算期 年1回 6月30日
主要取引銀行
京都銀行 向島支店
三菱UFJ銀行 伏見支店
三井住友銀行 京都支店
みずほ銀行 京都中央支店
     

本社及第一工場 京都府宇治市槇島町目川149-1
第二工場 京都府宇治市槇島町目川150-1
第三工場 京都府宇治市槇島町目川87
第四工場 京都府宇治市槇島町目川126-2
倉庫 京都府宇治市槇島町目川131-1
合計敷地面積 5,398u
合計建物延面積 7,158u

沿革

昭和48年 8月 京都府宇治市槇島町目川十八にて、(有)京都食品研究所設立。
(代表取締役社長に藤川忠弘 就任)
打錠、造粒(クロレラ、錠菓等)の受託加工を始める。
以後、健康食品、栄養補助食品の一貫生産体制を確立
昭和57年 10月 関連会社として、(有)京都食品研究所の100%出資にて、
タブレット工業(株)を設立。資本金(10,000,000円)製剤機器及び部品、
打錠機の杵臼等の製造販売、工業薬品、化成品、雑貨等の打錠加工を主たる
業務とする。
昭和58年 5月 京都市伏見区に本社所在地を移転
昭和60年 11月 会社組織を有限会社より株式会社に変更
平成4年 4月 現所に本社及び工場竣工移転する
平成9年 5月 第2工場棟竣工
平成10年 9月 資本金43,600,000円に増費
平成13年 12月 資本金80,000,000円に増費
平成14年 3月 第3工場(固形製剤GMP対応設備)竣工
平成14年 11月 タブレット工業(株)を(株)京都食品研究所に営業譲渡
平成16年 3月 第4工場(クリーンルーム仕様)竣工
平成17年 3月 社名を日本タブレット株式会社に変更
平成17年 10月 資本金160,000,000円に増資
平成19年 3月 (財)日本健康・栄養食品協会による全工場GMP認証取得
平成22年 10月 代表取締役社長に宮本和昭が就任
平成24年 3月 「京都モデル」ワークライフバランス認証企業として認証
平成26年 4月 資本金を中小法人基準枠の100,000,000円に減資

ページトップへ戻る