健康食品OEMなら日本タブレット 確かな製造技術でお客様の理想を形にします。

品質管理体制について

健康食品受託工場の条件

品質管理は、食品製造にとって基本的かつ重要な項目です。
御社の商品を製造している工場の「品質管理」をチェックしてみてください

  • □異物混入や微生物汚染の検査体制は整っているのか
  • □最終製品における各種製剤の有用成分の定量分析技術はあるのか
  • □製品標準書に基づいた、各工程の生産管理体制は確立しているのか
  • □GMPの認証は受けているのか
  • □製品の経時変化に備えるため、加速試験(苛酷試験)はしてもらえるのか
  • □原料の品質上の受入検査体制はどうなっているのか
  • □品質保証はしてもらえるのか
  • □生産物賠償保険や生産物品質保険など、製品回収事故が発生した場合の  
     リスク保全は対応しているのか
  • □賞味期限管理体制は整っているのか

これら項目を全てクリアしているのが、日本タブレットです。

日本タブレットは、全工場がGMP認定工場

日本タブレットの工場は、すべて財団法人日本健康・栄養食品協会のGMP認定取得工場です。
「医薬固形製剤基準クリーン度はクラス10万」の厳しい管理の下、商品に異物が混入しない 品質の高い安定性のある安全な食品製造のために一貫した厳しい管理を行っています。
健康食品製造に十分な設備を保有し、「食の安心・安全」を第一義に考えた健康食品づくりを おこなっています。

設備詳細についてのパンフレットをご希望の方はコチラ

【工場に入る前】
キレイな洗面所で手洗い厳守
【工場に入る前】
エアシャワーで徹底的に異物を除去
製造中に拡散を防ぐためにしっかり吸引 細部までしっかり掃除

閉じる

オペレーターが一人前になるまで指導者が付いて正しい操作方法を伝授します。 メンテナンスもしっかしします 機械が動いている間もしっかりと傍についてチェックをします。 誤りがないように人の目による確認は欠かしません

閉じる

全品目製造検査において、金属探知検査・外観目視検査を実施。

高速回転する機械の中の状態を確認しながら行います 糖衣の状態は目視でチェック。質の高い商品が生まれる理由のひとつです 機械が動いている間もしっかりと傍についてチェックをします。

閉じる

ビンは人の手で取り扱います。 人が確認した方が効率がよい場合には手作業にて行います 必要な場合には手作業で充填もいたします。 人の目で確認が必要な複雑なデザインの商品はひとつひとつ人の目でチェック

閉じる

自己点検手順に基づいた定期点検を行い、不適・改善事項に対し、速やかに措置を講じて、絶えずレベルアップを図る
ちいさな部品の修理もいたします。 専属のスタッフと設備があるからこそ、早い対応が可能です。 機械修理の経験豊富なスタッフがいます 専属のスタッフと設備があるからこそ、早い対応が可能です。

閉じる

もちろん、日常の定物定位置をまもることにより、異物混入を防ぎます。 製造工程は、責任者がしっかりと詳細を記録していきます。

閉じる

完成後

全品目について、品質管理(企画基準検査、微生物検査)を実施

含有水分測定ももれなくチェック。 きちんと製品ごとにチェック表に記録。しっかりと試験成績書に反映されます。 錠剤の硬度も専用機器でしっかりチェック。 錠剤の厚みをしっかりチェック。

閉じる

研究者同士がコミュニケーションをとってより正確な結果を導き出します。 設備だけでなく、それを使いこなす人材が揃っています。 成分を正しく理解するために商品にふさわしい検査をしっかり行います

閉じる

お客様より品質に対する苦情があった場合は、迅速かつ的確に対応

ページトップへ戻る